About Us

神奈川県茅ヶ崎市生まれ。1990年にニューヨークに渡る。
 全日空ニューヨーク支店で北米予算とプロモーションを担当。第二子出産後に、日本政府観光局(JNTO)のニューヨーク支店で国際会議誘致を担当する。
 夫の仕事の関係で2011年から3年半を南麻布で過ごした後、2014年の夏にニューヨークに戻り、ミレニアルとジェンZの母親達のワークライフバランスの実現に向けての姿勢と葛藤、また仕事に対する考え方の変化などについて育った環境や人種も異なる母親達に取材をする。
 2016年にIT企業やスタートアップをクライアントにもつ米系商業不動産リーシングファーム、ヴァイカスパートナーズに入りオフィス/リテイルの仲介業をする傍ら、商業不動産のランドスケープの変化からミレニアル世代の特徴と働き方への意識の変化を分析。

JETRO IPA ニューヨーク主催の「ニューヨークスタートアップエコシステム」の日本セミナーでは、同市スタートアップエコシステムに関わる欧米人6人と共にスピーカーとして参加。その後もオフィス形態やデザイン、オフィス立地の変化などからミレニアル像を分析する講演を行う。
 2020年に1月にWhitebox CRE Solutionsを設立。イノベーションと空間をテーマに、コワーキングスペースやイノベーションハブのツアー、また商業不動産やプロップテック(プロパティテクノロジー)の動向について講演や執筆を始める。
新型コロナ禍でリモートワークが浸透する中、新たな日常での働き方とワークプレイスについて調査を続けている。
 現在ニューヨークのブルックリン地区にジェンZの息子と愛犬ブルックリン、そして夫と暮らす(ジェンZ長女は大学寮にいる)。

ー 茂木・ホール 美紀 Whitebox CRE Solutions, President.

お客様の声

 ニューノーマルと言われている新しい世界において、今一度何がリアルなのかをしっかり見て感じる必要があると皆さん思われているのだと思います。
 そういった意味でも茂木様の知見や経験は、聴講される皆様にとってリアルを知るための重要な情報となること間違いなしでございます。
 未来を予想し、あるべき世界を描く発想力も重要ですが、何よりも謙虚に今を知る姿勢こそが、どこに向かうべきかを見せてくれるのだと確信しております

日本IBM主催Executive Special Tour 2020参加者の方

ミレニアルが重視する「体験」と、それをオフィスデザインに昇華した具体的で多彩な事例から、いわゆるデモグラフィックからだけでは彼ら/彼女らの感性がどのようなものか想像・理解するのは難しい。不動産ビジネスに与えている影響という特殊な切り口を通してその感性を鮮明に見ることが出来たのは私にとっても目から鱗の素晴らしい体験であった。.

広告代理店の方

コワーキングについてはWeWorkのことしか知りませんでしたが、最近では様々な形態のビジネスが存在していることが判り大変興味深い講演でした。それぞれのビジネスについて、判りやすい説明と写真で、イメージが沸きやすかったですし、背景としてミレニアル世代の特徴や動向に触れていただいたことで、現在起こっている自称について、全体像が把握できました。

銀行の方

茂木様のお話や、私自身が肌で感じたところでもありますが、東京(日本)とニューヨークでは文化的、人種的背景が異なる面があるものの、若者世代の消費行動という観点では似ている部分もあると感じまして、これからの街づくりを考える上で色々な示唆を得られました。.

ディベロッパー会社の方

Let’s build something together.


%d bloggers like this: